避妊薬で避妊を | 確実な避妊を行ない、望まない妊娠をしないようにしよう

避妊薬で避妊を

就寝前に飲む

手軽に避妊を行ないたいと思った時には、コンドームと呼ばれる避妊具を薬局やディスカウントストア、コンビニ等で購入して使用することによって、非常に簡単に避妊を行うことが出来ます。
そして、このコンドームを使用した避妊方法というのは「男性主体の避妊」と呼ばれるもので、男性が自分の身体に対して避妊具を使用することによって行える避妊方法です。
なので、コンドームを使用した避妊を行うためには、男性の協力が必ず必要となるのです。
しかし、それは言い方を変えると男性が避妊に対して協力的でなければ、この避妊方法は行えない……ということでもあります。
なので、もしパートナーがそこまで避妊に協力的でないのなら、女性主体の避妊と言われる物を行うようにしましょう。

女性主体の避妊の中でも、特に避妊効果が高いものに「低用量ピル」と呼ばれる物を使用する避妊法補雨があります。
この低用量ピルというのは、経口避妊薬と呼ばれる医薬品で、女性ホルモンを主成分としている医薬品です。
この低用量ピルを服用することによって、身体の中に普段よりも女性ホルモンを蓄えた状態を人工的に作り出すことができるのですが、そうすると脳は自然と、今身体は妊娠状態にある、と錯覚するようになり、子宮の内部を妊娠状態に近いものに作り変えていき、その結果妊娠しづらい状態を作り出すことが出来るのです。

そのため、この低用量ピルを使用した避妊方法というのはコンドーム以上の避妊効果があるといわれています。
なので、もし男性が避妊に対して協力的でないのならこの低用量ピルを使用した避妊方法を行ない、自分の体を自分で守ってあげるようにしましょう。